今なら7日間の無料トライアル実施中!

守備|チャレンジ&カバー<1st dfと2nd dfの連携>【U-12~】

テーマ 守備
サブテーマ チャレンジ&カバー<1st DFと2nd DFの連携>
対象年齢 12歳~15歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:アプローチ

サイズ 15m×20m
人数 8人~16人
方法

◆Plan A: ドジング(2人1組)
OFは両手でボールを保有(揺さぶる / 急に止まる)
互いに向き合い、OFに突破されないよう付いて行く。

◆Plan B: ライン突破(No Ball)
①1vs1 
OFはDFにタッチされないよう突破を図る。
DFはOFをタッチ(=1P)

②1vs2~2vs3(チャレンジ&カバー)

キーファクター ◆間合い(突破されない距離感)
◆プレス(タイミング) → 相手を観る
◆ボディシェイプ(半身と向きの入替)
◆1st DF の決定(PlanB ②)
◆ステップワーク(構え)
留意点 ・リアルなスピード感で実施する。
・W-UPという点に留意しつつも、スピードやコンタクトは緩め過ぎない。
(怪我の無い程度に)
解説 1stDFの決定は強く働きかける。
※ボールホルダーに対するファーストアプローチ(チャレンジ)が遅れると、以降の守備(カバー)が機能しなくなる(崩される)。特に縦パスに対しては警戒し、相手FWにボールが入った際は速やかに対応する。

OP)プレスバック
1枚戻れる為、後方でコースを切らせてプレスバックでサンドする。
プレスバックの距離は短い方が良い。(3-3 のライン間はコンパクトに保つ)
※プレスバックを誘発させる為に、攻撃側へのコーチングも行う。(裏を狙わせる)

TR1:1vs2⇒2vs2

サイズ 16m×16m(+調整)
人数 4人
方法 OF:ゲート間 ドリブル通過(=1点)
DF:ボール奪取後 次のOFへパス

①X⇒Aにパスしてスタート(1vs2)
OP)Xの攻撃へ参加(2vx2)

②Y⇒Aにパスしてスタート(1vs2)
OP)Yの攻撃へ参加(2vs2)
キーファクター ◆ボールを奪う
◆プレス(スピード・タイミング)
◆間合い(突破されない距離感)
◆チャレンジ&カバー(1st DF の決定)
留意点

①相手レシーバーが悪い状態
状況的にDF側を観ていない(しっかり寄せる)
⇒後方を向いた相手には厳しくプレス

②相手レシーバーが良い状態
受け手が前方を視認している(飛び込まない)
⇒前を向かれたらステップバック

解説 ボールを奪取する目的の元、ボールホルダーの状況を観て、1stDFのプレスを変化するよう働きかける。
⇒積極性を大事にしつつ、剥がされない距離感

1stDFの状況に応じて2ndDFのポジションも変化させていく。
⇒ボールホルダーが何ができるか?何が制限されているかを観る

※X⇒Aの「ボール到達時間」でプレス強度を調整。
 X⇒Aの距離で強度を調整する。

TR2:3vs3+3vs3+GK(6vs6+GK)

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
守備|チャレンジ&カバー【U-12~】
最新情報をチェックしよう!