今なら7日間の無料トライアル実施中!

守備|組織的プレス【U-12~】

テーマ守備
サブテーマ組織的プレス
対象年齢12歳~14歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:1vs1 コーン突破

サイズ15m×15m
人数3人〜
方法コーチから攻撃側に配球して1vs1スタート(ハンドパス)
攻撃側⇒ボールを受けたら左右どちらかのコーンを突破する。
守備側⇒コーチからパスが出てからスタート。相手の体を両手でタッチしたら勝ち。

OP)ドリブルで行う。守備側は奪ったらライン突破。
キーファクター◆ボールを奪いに行く意識
◆間合いを詰める
◆意図を持ったアプローチ
◆粘り強い対応
◆ステップワーク
留意点・ボールの移動中に、できるだけ間合いを詰めることを意識する。
・相手にただプレッシャーをかけるのではなく、運ぶ方向を意図的に誘導することも意識する。
解説組織でプレッシングをかける前提として1stDFのアプローチの基準を獲得させることが目的。

ボールの移動中にどれだけ間合いを詰めらることを強く意識させ、その上でかわされないステップワークにも働きかける。
⇒相手との間合いが遠いと起こりうる事象も必ずレクチャーする。

また、相手の利き足と逆方向に誘導する守備など、意図を持ったアプローチをするように働きかける。

絶対に負けない!迫力を持った守備をコーチングを通して促す。

TR1:4vs4+ターゲット

サイズ20m×14m
人数10人
方法コーチから攻撃側に配球してスタート(アウトオブプレー時も同様)
コートを4つにセパレートし、各ゾーンで1vs1、全体で4vs4
攻撃側:ターゲットへのパスを狙う。ターゲットにパスが入ったら攻撃方向を変えてそのまま再開。
守備側:奪ったらターゲットに預けて攻守交替。

後方のターゲットは、サーバーとして使用可。
キーファクター◆ボールを奪いに行く意識
◆間合いを詰める
◆コースの限定
◆予測
◆粘り強い対応
◆同一視
◆ステップワーク
留意点・ONの守備に強度を求めつつ、組織で守っていることを意識する。
・ボール保持者の状態や味方の状態を見て、次のプレーを予測した守備をおこなう。
解説最も重要な1vs1の守備の強度を高めつつ、組織で守ることを習得するのが目的。

まずは、各ゾーンで間合いをしっかり詰める守備と粘り強い対応を求める。その上で、ボール保持者の状況を観て、次のプレーを予測した守備を意識する。

同時に、組織として何を守っているのか?を常に意識させ、ゴールを閉めながらボール・相手を同一視できるポジショニング・アングルも獲得する。

また、コミュニケーションを取りながら後方の選手が前方の選手をコントロールするところまで求める。

TR2:4vs4+GK

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
最新情報をチェックしよう!