今なら7日間の無料トライアル実施中!

守備|マークの受け渡し【U-13~】

テーマ 守備
サブテーマ マークの受け渡し
対象年齢 13〜15歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:6vs2 コーンタッチ

サイズ 10m×10m、中央マーカー間5m
人数 8人
方法 攻撃側⇒スタート位置から2人で走り出し、守備者がいないコーンをタッチする
守備側⇒6人で7つのコーンをタッチされないように守る
コーンをタッチしていれば、攻撃側にそのコーンはタッチされない

OP)攻撃側を1人にする
キーファクター ◆コミュニケーション
◆状況に応じたコーンの受け渡し
◆予測
◆ポジショニング
留意点 ・マーカーに着きっぱなしではなく、相手の状況を見てマーカー間にポジションを取ることの重要性も理解する
・コミュニケーションを積極的に取り続けてコーンを守る
解説 1人が1つのコーンを守るわけではなく、グループ(6人)で7つを守る意識を持って行う。
その為に、相手の状況に応じた予測・ポジショニングに働きかけ、グループでコミュニケーションを取りながら協働して守備ができるように促す。

サッカーでの守備同様に、1人1役でないことをW-UPで落とし込む。

TR1:2vs2 ラインゴール

サイズ 22m×14m
人数 4人
方法 コーチから黄色マーカー間の攻撃側に配球してスタート
スタートの配置⇒図参照

攻撃側:ボールを受けたらフロントサイドのライン間をドリブル突破
守備側:ボールを奪ったら反対側のラインをドリブルで突破する
キーファクター ◆コミュニケーション
◆マークの受け渡し
◆チャレンジ&カバー
◆粘り強い守備
留意点 ・マークを固定するのではなく、相手のプレーの状況に応じてマークを受け渡すことを意識する
・攻撃側には、スイッチやオーバーラップなど多彩な攻撃パターンを求める
解説 基本的なチャレンジ&カバーの関係の中で、「状況に応じた」役割変更(受け渡し)が適切に行えるかにフォーカスする。

ボール保持者に対してアプローチをかけながら、後方からオーバーラップしてくる攻撃側選手を誰が掴まえるがキーポイント。

受動的な対応となることで、最適解は1つではないが、コミュニケーションを取り突破されないようにグループでゴールを守る。

TR2:4vs4+GK セパレートゲーム

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
守備|マークの受け渡し【U-13~】
最新情報をチェックしよう!