今なら7日間の無料トライアル実施中!

1vs1の攻撃|個のドリブル突破【U-7~】

テーマ 1vs1の攻撃
サブテーマ 個のドリブル突破
対象年齢 7歳~9歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:1vs1(攻撃)への導入

サイズ 10m×5m
人数 4人~
方法 オンザボールからそれぞれのタイミングでスタート
青マーカーの選手:黄色マーカーに向かって直進のドリブル
黄色マーカーの選手:直進してくる選手を交わして青マーカーへドリブル
互いにマーカーについたらターンして再スタート

<ターンの種類>
・インサイドフック
・アウトサイドフック
・クライフターン 等(レベルに応じて導入)
キーファクター ◆ドリブルの質(大きなドリブルにしない、細かなタッチでドリブル)
◆相手との距離感
◆交わした後の持ち足(相手から遠い足)
◆観る(相手の位置)
留意点 ・両足をうまく使う(いつ?なぜ?⇒デモで提示)
・交わす方向が同方向ばかりにならないよう留意する
解説 <ドリブルのテクニック要素>
・ボールを押し出すようなイメージを持つ。
・常に足元にボールがある状態でドリブルをする。
・交わす際、相手の位置を観て、相手の足が届かない距離と幅で相手を交わす。
・交わしたあと、相手から遠い足でドリブルできるようする。

人数に応じて複数箇所作り、待ち時間がないように調整する。

TR1:ドリブルからの1vs1(ライン突破)

サイズ 10m×10m
人数 4人~
方法 攻撃側のドリブルでスタート。
攻撃側:<青のAマーカー>をドリブルを周り<橙マーカー間>をドリブル突破で1点
守備側:攻撃側がドリブルをスタートしたら、<橙のBマーカー>を周り、ボールを奪う⇒奪ったら<青マーカー間>をドリブル突破したら1点

OP)スタート位置の変更(逆回り)
キーファクター ◆ドリブルの質
◆ドリブルの緩急(加速と減速)
◆ターン
◆交わした後の持ち足(相手から遠い足)
◆観る(相手の位置とスペースの認知)
留意点 ・レベルに応じて守備側のマーカー間を広げる
⇒出会うタイミングの調整
解説 ドリブル→ターンからの1vs1となるため、ターンに入る前のドリブルからフォーカスする。
⇒最初の直進;加速(大きなドリブル)
⇒ターン時:減速(細かいドリブル)への切替

ターン後、空いている方(スペース)に運べるよう促すために、ドリブル中に相手を観ることにも働きかける。

ただし、「わざと相手に向かってかわす」ような、相手と駆け引きをする現象が出てきたら、レベルに応じてスペースの認知だけでなく、ゴール・スペース・相手の3つを意識した判断要素にもどんどん働きかけていく。

TR2:1vs1+GK 突破からのシュート

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
1vs1の攻撃|個のドリブル突破【U-7~】
最新情報をチェックしよう!