今なら7日間の無料トライアル実施中!

フィニッシュ|スペースを見つける【U-7~】

テーマフィニッシュ
サブテーマスペースを見つける
対象年齢7歳~9歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:シュートドリル①

サイズ12m×16m
人数4人~
方法コーチの合図でスタート(各チーム1名ずつ行う)
チームの色を呼ばれた選手は2つめのコーンを通りゴールへ(図 黒チーム)
呼ばれていない色の選手は3つ目のコーンを通りゴールへ(図 白チーム)
OP)コーンドリブルに制限を設ける(右足のみ、左足のみなど)
OP)競争やリレー形式にする
キーファクター◆ドリブル(細かいボールタッチ・姿勢)
◆シュート(コース、スピード)
◆アジリティ
◆ターン
◆認知(GKの位置の確認)
留意点・コーン間の広さはレベルに合わせて調整する。
・ドリブルからシュートまでスピードを落とさずプレーできるよう促す。(シュート前にプレースピードが落ちないように)
解説テクニックアクションへのコーチングを中心に行う。
ドリブル(コーンドリブル中は足から離さないドリブル⇒ターン時に蹴りやすい場所に持ち出せているか)
シュート(軸足の位置・踏み込み、上半身の使い方、体重移動)

特にシュート前最後のタッチには強くこだわり、強いシュートを打つためのボールの置き場所はフリーズをしながら成功体験を積ませたい。

また、シュートの構成要素やGKの位置を確認しているかを視るために、コーチは立ち位置に気を付ける。

出来る限りGKもみんなで経験する。

TR1:シュートドリル②DF有

サイズ12m×11m
人数4人~
方法コーチから攻撃側に配球してスタート
攻撃側:ボールを受けたらゴールを目指す
守備側:攻撃側の選手がコントロールしたらスタート
Ver.1:内へのパスからゴールを目指す
Ver.2:外へのパスからゴールを目指す
キーファクター◆ファーストコントロール(スピード・方向づけ)
◆ゴールへの向かう為のドリブルの質(スピード・方向)
◆シュートを打つためのラストタッチ
◆シュートの質(方向や強さ)
◆リバウンドへの意識
◆認知(DF/GKの位置の確認)
留意点・シュートまでの時間をかけないように促す
・レベルに応じてゴールまでの距離は調整する
・守備側への働きかけ
解説シュートに至るまでのボールの持ち出し方にフォーカスする。
理想は守備者に邪魔をされずシュートまで持ち出すこと。従ってコーチは1vs1というワードを使用しないように注意する。

「DFに邪魔をされないようにシュートまでいこう!」等、わかりやすいワードで選手に働きかける。ただし、ゴールを奪うことが目的であるため、シュートコースから外れたドリブルには留意し、「今のドリブルはシュート打ちやすかった?」等問いかけながら行う。

同時に守備側への働きかけ(ゴールとボールを結ぶ立ち位置に入る)を行うことで、守備者との駆け引きを作り出し、レベルをあげていく。

TR2:2vs2+1フリーマン+1GK

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
最新情報をチェックしよう!