今なら7日間の無料トライアル実施中!

ポゼッション|パス&コントロールの質【U-8~】

テーマポゼッション
サブテーマパス&コントロールの質
対象年齢8歳~11歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:コーン当てゲーム

サイズ10m×10m
人数8人~
方法オンザボール(4人)⇒コーチの合図でスタート
グリッドの外を1周し、スタートポジションのマーカーを越えたら、グリッド中央のコーンに蹴って当てる
最初に当てたチームが1ポイント
1回毎、人を変えて行い総合でポイントが一番多いチームが勝利
キーファクター◆キックの質(インサイドキックを使用、当てる面、軸足など)
◆ドリブルの質(正確に速く)
◆メンタル(慌てず急ぐ・最後まであきらめない)
留意点・コーンに当たらないようであれば、グリッドのサイズを変えてボールとの距離を縮めていく
・(レベルに応じて)インサイドキックの基礎を前段階で落とし込んでおく
解説単純なドリブルよりも、競争性を持たせることで、ドリブル中に相手を観たり、コーンを観るようになる(視野の確保)。

レベルに応じて、ドリブルへのコーチング(例:「曲がる時にヘソを向ける」や「大きいドリブル、小さいドリブルの使い分け!」)等、わかりやすい言葉を用いて、ドリブルの質にも働きかける。

逆回りや足の指定等も取り入れて、バリエーションを持たせる。

TR1:パス&コントロール

サイズ12m×12m
人数5人
方法オンザボールからスタート(ボール1個)
Ver①オレンジ線:ボールを回す方向に対して前のマーカーを目印にパス⇒受け手は動きながらコントロールし、前方選手へパス⇒以下同

Ver②ミドリ線:ボールを受ける選手は回す方向に対して後ろのマーカーに降りてボールを受ける⇒以下同
キーファクター◆パスの質(方向や強さ)
◆ステップワーク(バックステップ、サイドステップ)
◆ファーストタッチの質
◆身体の向き
◆動き出すタイミング(いつ?)
留意点・動いた状態でボールを受けてコントロールできるように促す(ボールを受ける選手が早く動きすぎてマーカーで待ってボールを受けることがないように)
・最初は正確性を求め、徐々にスピード(コントロールからパスまでのスピードやパススピード)を求めていく
解説Ver①②ともに、前向きで受けることを意識することを前提にTRを進める。

前向きで受ける為の、パスの強弱・出し手受け手のタイミング・ファーストコントロールについては、レベルに応じて必ずコーチが基準をデモで提示する。

Ver②は、後ろに下がりながら前向きで受けるTR。ステップワークにも働きかけ、体の向きを意識させる。

TR2:2vs2+2サーバー+2ターゲット

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
ポゼッション|パス&コントロールの質【U-8~】
最新情報をチェックしよう!