今なら7日間の無料トライアル実施中!

ボールの保持(テクニック)|ターンの習得【U-7~】

テーマ ボールの保持(テクニック)
サブテーマ ターンの習得
対象年齢

7歳~10歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:2人組 コーンタッチ競争

サイズ コーン間 5m~7m
人数 2人~
方法 2人1組で行う。
OF(白)は左右にあるコーンのタッチを目指す。DF(黒)に触れられる前にコーンをタッチすれば1ポイント。
DFがOFより先にコーンに触れることができれば、ポイントとはならない。
時間で攻守を交代する
キーファクター ◆ステップワーク(サイドステップ・クロスステップ)
◆姿勢(ターン・加速)
◆相手の認知
◆駆け引き(相手の逆をとる)
留意点 ・方向転換する際の身体の使い方等はデモンストレーションで
・運動量が多く、かなり息が上がるトレーニングなので、短い時間設定で行う。(30秒~45秒)
解説 技術アクション(ターン)の導入のTRです。
競い合わせながら、モチベーションアップにつなげていく。

ステップワークをデモンストレーションを交えて落とし込み、守備側の逆を取ることを意識して働きかける。

守備側は攻撃側の動きを観察(準備・予測)し、粘り強く対応することを促す。

TR1:ドリブル(ターンの習得)

サイズ 6m~8m×4m
人数 1人以上
方法 中央のマーカー(図の赤い線)までドリブルしターン
①インサイドフック
②アウトサイドフック
③クライフターン
④足裏を使ってターン など
キーファクター ◆ステップワーク
◆姿勢(ターン・加速)
◆ドリブルの質(運び方・スピード)
◆後ろの状況の認知
留意点 ・最初にデモンストレーションを見せる
・スピードを上げすぎない(徐々に)
・慣れてきたらドリブルスピード、ターンした後のスピードを上げることも要求していく
解説 ターンの種類の導入(レベルに応じて、様々なターンを提示)

慣れてきたら、コーチが真ん中(ターン線)に立つことにより、選手へのプレッシャーをかけることも可。
OP)ターンした後にドリブルではなく、待っている人にパス
⇒ターン後の姿勢や次につながる置き場所

TR2:1対1(ライン突破・2ゴール)

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
ボールの保持(テクニック)|ターンの習得【U-7~】
最新情報をチェックしよう!