今なら7日間の無料トライアル実施中!

ビルドアップ|優先順位を意識した前進【U-14~】

テーマ ビルドアップ
サブテーマ 優先順位を意識した前進
対象年齢 14歳~18歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:パス&コントロール ひし形

 

サイズ 20m×24m
人数 8人〜
方法 図上下選手のオンザボールでスタート(ボール2個)
パスを出したら次のコーンに移動
①(図左右)内側のコーンからスタート⇒ボールから遠い足で外側のマーカーを越してコントロールしてパス
②(図上下)外側のマーカーからスタート⇒パスが来た方向にコントロールして内側の足でパス
キーファクター ◆パス&コントロールの質
◆動き出しのタイミング
◆観る(出し手と受け手の状態)
留意点 ・オフザボールの動き出しにフォーカスする
・1つ1つのパス&コントロールの質にもこだわる
解説 ビルドアップに必要なオフ(動き出しのタイミング等)の質、オン(パス&コントロール)の質を意識する。
<受け手の動き出しのタイミングと質>⇒コーチがデモで基準を提示。
・出し手の状況を観て動き出す(早く動きすぎない)
・守備者を想定し、剥がすスピードにも留意

パス&コントロールの質はシンクロで働きかけるが、レベルに応じてパススピードの基準等はコーチがデモで提示する。

TR1:4vs4+2ターゲット

サイズ 35m×40m
人数 10人
方法 コーチからターゲットに配球してスタート
サイドのコーン間をドリブル突破orフロントサイドのターゲットに当て、リターンを受けたボールをライン突破(フロントラインすべて)したら1点
※リターンを受ける選手は3人目の選手でも可
※バックサイド側ターゲットへのバックパス可(サーバーとして利用可)
ターゲット:タッチ数制限(1タッチ)
キーファクター ◆パス&コントロールの質
◆動き出しのタイミング
◆観る(出し手と受け手の状態)
◆プレーの優先順位(ターゲット)
◆予測
留意点 ・全員が関わりのイメージを持つ。
・1個先、2個先の状況を予測して動き出す意識を持つ。(ボールの移動中に次のポジショニングを取る)
・守備側への働きかけ(ボールを奪いにいく・前進されない)
解説

攻撃の優先順位(ターゲット)を意識した上で、ビルドアップをおこなっていく。

ボール保持者は優先順位の高い場所から選べるように意識。ただし、簡単にボールを失わないことも意識。
ボール保持者以外の選手は優先順位の高い場所で受けれるように意識しつつ、守備者の状況・味方選手の状況を確認しながら、常に次のプレーを予測し、ポジションを選択する。

ボールの移動中に次のポジションを取れるようにするため、その前にパスが出る場所、空きそうなスペースを観ておく。

TR2:8vs8+2ターゲット(3ゾーン)

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
ビルドアップ|優先順位を意識した前進【U-14~】
最新情報をチェックしよう!