今なら7日間の無料トライアル実施中!

前線の崩し|2トップの役割と3人目の動き【U-12~】

テーマ 前線の崩し
サブテーマ 2トップの役割と3人目の動き
対象年齢 12歳~18歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:2vs2+2サーバー ライン突破

サイズ 20m×15m
人数 6人~
方法 コーチからサーバーに配球してスタート
攻撃側:サーバーと協力し、ライン突破を目指す
守備側:ボールを奪ったら後方さサーバーに預けて攻守交代
サーバー:ライン上のみ移動可

OP)後方サーバー⇒フリーマンに変更(コート内移動可)
キーファクター ◆パスの質
◆コントロールの質
◆出し手と受け手のタイミング
◆前線(ゴール方向)を意識したプレー
留意点 ・サーバーも含めて、連続的に関わる
・強く奪う事を目的とした守備を求める
解説 守備者を剥がしタイミング良くボールを受けることと、受けられなかった場合に動き直す、もしくは次の動きに関わる連続した動きを落とし込む。

・パスを出したことで満足している
・自分にパスが出なかった場合に止まってしまう
上記二点の事象が起こった場合はフリーズし、この先のプレーやGAMEで起こりうる状況も踏まえて、連続した動きを求め、改善する。

状況に応じて、サーバーをフリーマンに変更し、厚みのある攻撃と連続性を作り出す。

TR1:2vs1+2vs2+サーバー+GK セパレートゲーム

サイズ 36m×20m
人数 9人
方法 コーチからサーバーに配球してスタート
攻撃側:2vs1+サーバーの局面から前方エリアにパスで越境し、ゴールを目指す。セパレートラインを越えれば1人後方より攻撃参加可。
守備側:ボールを奪ったらサーバーにパスorフロントラインをドリブルで突破。

※オフサイドラインより後方はオフサイドなし
キーファクター ◆パスの質
◆コントロールの質
◆出し手と受け手のタイミング
◆縦パスが入るタイミングの予測
◆3人目の動き
留意点 ・プレーを止めない、連続した攻撃への意識づけ
・守備への働きかけも忘れない
解説 2トップの役割といくつかの攻撃パターンを提示しながらトレーニングを進行する。※チーム戦術に応じて変更(以下はあくまで例として)

FW①(ボールサイド側)1列目で背負う・もしくは守備者の状況に応じて1列目から背後
FW②ライン間で要求する
⇒2人のFWに対し、守備者がどのような守備をしてくるかに応じていくつかのパターンを提示。

パターン①ライン間に入ったFW②に対して守備者が食いついた場合
⇒FW①に縦パスを入れて仕掛け・またはFW②に食いついた守備者の背後を3人目が狙う。
パターン②ライン間に入ったFW②に対して守備者が食いつかなかった場合
⇒ライン間に入ったFW②にボールを入れ仕掛け・またはFW②の立ち位置に応じて後方からのオーバーラップまたはインナーラップ。

TR2:5vs4+GK

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
最新情報をチェックしよう!