今なら7日間の無料トライアル実施中!

ポゼッション|動き出しとタイミング【U-10~】

テーマポゼッション
サブテーマ動き出しとタイミング
対象年齢10歳~13歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:パス&コントロール

サイズ14m×11m
人数4人~
方法オンザボールからスタート
①受け手はゲート間後方のパスレーンに入る
②インサイドキックでゲート間を通過するパス
③逆サイドにコントロール
以降、繰り返し

OP①受け手の内側の足にパス
OP②受け手の外側の足にパス
キーファクター◆パスの質(丁寧・パススピード・ゲートを通すパス)
◆受け手の質(タイミング・パスコースを作る動き)
◆コントロールの質(次のプレーに繋げるコントロール)
◆ステップワーク
◆アングル
留意点・受け手が出し手のタイミングで動き出しをしているか
・パスとコントロールを両足でチャレンジしているか
解説W-upではパスの質と受け手のタイミングにフォーカスして取り組む。

<コーチングポイント>
「狙ったパスコースにパスができているか?」
「出し手のタイミングでパスを要求しているか?」
「コントロールの位置は次のプレーに繋がっているか?」

<受け手のコントロールのオプション>
内側の足にパス⇒コントロール方向に前進するイメージ
外側の足にパス⇒切り返して逆を取るイメージ
※ステップワーク・アングルにも働きかける。

TR1:3vs1 ボールポゼッション

サイズ16m×16m
人数4人~
方法コーチから攻撃側に配球してスタート
攻撃側:ボールポゼッション、四角形を4分割した各グリッド内は1人のみ侵入可
守備側:ボールアウト、奪う事ができれば交代

OP)初めは時間で守備を交代にする(成功体験の獲得のため)
キーファクター◆パスの質(スピード・付ける足)
◆受け手の質(タイミング・パスコースを作る動き)
◆コントロールの質(次のプレーに繋げるコントロール)
◆パスコースの見極め(どこにパスコースができているか?)
◆ステップワーク
◆アングル
留意点・受け手は止まった状態でパスを受ける事がないように、出し手のタイミングを見て動き出す
・コントロールの位置でパスコースが限定的にならないようにコントロール位置にも気を付ける
解説広い角度の中でのパス&コントロール・受け手&出し手のタイミングにフォーカスして取り組む。

守備者がどのパス方向をカットしているかに応じて、パスコースが常に変化するため、出し手も受け手も次のパスコースを意識したコントロール・サポートを意識する。

同じグリッド内でのサポートでも、数十cmのポジショニング・角度で視野が変わってくるので、必要に応じてフリーズしてポジショニングに働きかける。

TR2:3vs3+GK 6ゴールゲーム

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
ポゼッション|動き出しとタイミング【U-10~】
最新情報をチェックしよう!