今なら7日間の無料トライアル実施中!

ポゼッション|味方に対するサポート【U-13~】

テーマ ポゼッション
サブテーマ 味方に対するサポート
対象年齢 13歳〜18歳

ページの最後に、印刷して直ぐ使える指導案を、Excelでダウンロードすることができます!!

W-UP:3vs1 ロンド

サイズ 8m×8m
人数 4人
方法 攻撃側オンザボールでスタート
正方形の枠内でオフェンス3人はボールを回して保持する
守備側:ボールを奪われたorパス/トラップミスなどで線を割ったら交代
タッチ数制限(3タッチ以内)
キーファクター

◆サポートの質(角度・距離・タイミング)
◆パス&コントロールの質
◆ディフェンスのアプローチを見た上でのサポート
◆ボール保持者を中心とした攻撃方向を意識したサポート

留意点 ・ボール保持者や相手の状況を見た上でサポートができているかにフォーカスする
・ただのボール回しにならず、常に攻撃方向を意識
・連続したサポートができるように働きかける
解説 状況に応じた適切なサポートを連続してできるようにする。

相手とボール保持者の距離が近いならサポートの距離を近づけたり、長いなら広い位置で受けたりする。

ボール保持者から見た対角線を常に攻撃方向として捉えた上で、サポートの質を考える。(試合中であれば相手の位置を見てどのような位置でサポートができれば次の攻撃に楽につながるか)

TR1:5vs3 ロンド

サイズ 20m×12m
人数 8人
方法 コーチから攻撃側選手に配球してスタート
5人のオフェンスが枠内でボールを保持する。2グリッドに分けて逆のグリッドにボールを送ることを常に目的とする。
1つのグリッドに入っていいディフェンスの数は2人までとする。
キーファクター

◆サポートの質(角度・距離・タイミング)
◆パス&コントロールの質
◆ボール保持者に対する幅・深さの取り方
◆攻撃方向を意識した上でのサポート

留意点 ・常に「前進」を目的としたサポートを意識
・W-upで行った「状況に応じたサポートの取り方」がこの状況でも実践できているかを確認
解説 ボール保持者を中心として前進の糸口を探ることが最大の目的。

保持を優先し味方に近づくのか、できる限り深さをとってサポートをするのかを状況に応じて考える。

ボールを保持するだけでなく前進するためのサポートをする。闇雲にボールに寄るのではなく前進の可能性を探るために、幅・深さをとったサポートをする。

TR2:4v4+2サーバー 4ゴール

この続きを読むには・・・。ページの最後に指導案をExcel形式でダウンロード可能!!
ポゼッション|味方に対するサポート【U-13~】
最新情報をチェックしよう!